a Life 愛しき人 ネタバレ 3話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

a Life 愛しき人、第3話のあらすじ・ネタバレをご紹介します。 今回は腹痛を訴えている女の子のケースだ。セカンドオピニオンとして壇上病院を訪れた。原因を特定し手術をしたいが、当初の医師が医学会の権力者であり、壇上病院院長から中止を迫られる。さてどうする沖田!

 

スポンサーリンク


 

a Life 愛しき人、第3話のネタバレ・概要

深冬(竹内結子)は難関と言われる小児科指導医を目指し、業務の合間も精力的に論文を書こうとしていた。

というのも、当然自分のためでもあるが、病院を継ぐためにも必要であると認識していたからだ~

そんなある日、腹痛の女の子が小児科を受診しに来た。
彼女の母は、他の病院での心因性という診断に疑問を持っていた・・・
第2話の時の和菓子職人;森本洋造(平泉成)の場合もそうでしたね!
井川颯太(松山ケンイチ)の手術は成功したが、右手の痺れがのこった。 井川が言うには“心因性”が原因と~
深冬は女の子の母親の意見が気になり、原因を追求する。
沖田の力を借りてそれを特定し、手術を決定した。

しかし、その女の子が以前診てもらっていた医師は、小児外科治療学会のトップだった。
このことから、深冬は父の虎之介(柄本明);壇上病院院長に手術の中止を求められることになる。

医学界はかなりの縦社会、権力を持ったものが全てというようなところが有り、それに楯突いて今回の手術を行うべきか?・・・
それとも壇上病院を守ることを選択するのか、深冬は悩みことになる。

 

そして、そのとき沖田は~

・・・・・
さあ、なるほどこういった展開ですか。
沖田からは『目の前の患者の命を救うことが最優先すべきだ!』と言われそうですね!

 

このあたりが、このドラマの見せ場ですね。
常識というか~権力、しきたり、病院といういろいろなものを抱えて成り立っている組織を守ることも必要だが、

“人の命を救う”という、医者としてのもっとも大切なことを忘れてはいけない・・・・

ドラマの行方を見逃さないように♪~

 

 

スポンサーリンク


 

 

壇上深冬役の「竹内結子」さんへのインタビュー

 

Q;演じる壇上深冬という女性について

病院、父親、家族と・・・人生の判断基準が全て“○○のため!”と、尽くすタイプの女性だと思う。
また、背負っているものが大変です。 まず病院院長の一人娘から始まり、幼馴染の壮大(浅野忠信さん)の妻で一児の母、そして
自ら脳腫瘍の患者の役をしないといけません。その上、沖田の元恋人でもあるから、壮大との狭間で動く気持ちの持ち方など・・・・
やらなきゃならないことが嬉しいほどあるんです♪~

監督からは「寛容でマリア様のような人!」とおっしゃいますが、いや~それは男性からの感性では?と・・・・
自分なりに抱えている思いもありますので!
Q. 医療シーンの撮影のための練習は?

これは“多重結び”ですね!
手術シーンでは必ず使う結び方で、他の医師役の方も含めて誰もが練習を行います。
特に松山ケンイチさんはリュックなどいたるところに結び目をつけていてお笑いですね♪~

実際に使用している糸を頂いたのですが、もったいなくて代わりの糸を裁縫店でわざわざ購入して練習しています。
撮影時には正確で速さが要求されますので大変です!

 

Q. 木村拓哉さんとの共演について

木村さんのすごいのは、誰よりも早く!深く!知識や技術を習得しているところですね!
だって、あるシーンで、他の手術室の映像で何をしているのか?と言ったら木村さんはすかさず正解な回答をしていました!

ええっ、いつそんな勉強を?って思うほど特別な家庭教師をつけているように思ったほどストイックなとことがありますね。
手術の撮影中にアドリブが言えるほどで、あの姿を見ていると本当に手術が出来てしまいそうな感じですね♪~

 

Q. ドラマの見どころは?

やはり手術シーンですね!
実際の撮影でも吹き替えはなく、俳優さん自身がこなしています。
もちろん横に医療指導の先生から細かい指導を受けながらですが・・・・緊張感が伝わりますよね♪~

また、深冬に関しては、沖田の元恋人ですから心が揺れたり、医師としての未熟さなどをそのようにして隠して行くかなども見ていた
だけたらと思います。

 

 

最後に~

いかがででしょうか、第3話。

またまた沖田の持論がとおるのか? はたまた病院経営を優先して患者への対応をするのか?・・・・

放送が楽しみですね♪~
スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。