花粉症にはアカモクが効果あり! 1日量はどのくらい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症にはアカモクが効果あり!と、先日のNHKあさイチで特集されました! アカモクは今海外でも話題のスーパーフードです。どんなふうに凄いのか? アカモクの特徴や、花粉症対策には、1日量をどのくらい摂ればいいのか調べて見ました♪~

 

スポンサーリンク


 

花粉症にアカモクが良いという研究結果が!

アカモクは、「花粉症」だけでなく、「ダイエット」にも効果があるんです!
中部大学客員研究員の林京子さんの研究によると、まだ動物実験段階ですが、アカモクが花粉症の症状を軽減することを確かめました。
マウス実験で、アカモクの煮汁を3日間飲ませただけで、症状が1/3まで軽減したそうです。

一方、北海道大学教授の宮下和夫さんによると、アカモクに含まれる「フコキサンチン」には脂肪を燃焼する効果があるそうです。
アカモクは数ある海藻の中でも 最も「フコキサンチン」が多く含まれている そうです。

以上、凄いですね!
花粉症によくてダイエットにも効果が期待できる“スーパーフード”その特徴についてもう少し詳しく見てみましょう。

 

スポンサーリンク


 

アカモクの特徴とは?

アカモクとは?
免疫力アップと脂肪燃焼効果のある成分を豊富に含む、女性には大変ありがたい健康フードです。

①フコイダンが多く含まれる!
「フコイダン」は、1913年にスウェーデンのキリン教授がコンブのヌメリ成分のひとつとして発見しました!
アカモクをはじめ、コンブ、ワカメ(メカブ)、モズクなどの褐藻類にのみ含まれる特有のヌメリ成分です。
この成分は海藻が傷ついたときに修復したり、引き潮時に乾燥を防ぐ役割をします。

今、医学界でも注目されていて、人間の免疫力を強くするといわれています。
アカモクはこのフコイダンをモズクの2倍含まれています!

 

②フコキサンチンの量が半端ない!
「フコキサンチン」とは今海外で話題沸騰の“脂肪燃焼効果のある成分”なんです♪~
1914年に発見され、強い抗酸化力だけでなく、抗炎症作用、抗肥満作用、抗糖尿病作用についても研究が進んでいて、現在非情に注目されて

いる成分です。

アカモクは、海藻の中でも最も多くフコキサンチンを含んだ海藻なんです。

 

スポンサーリンク


 

花粉症を軽減するアカモクの1日量は?~

中部大学の林京子さんは、免疫学が専門ですが、「動物実験」で花粉症の症状軽減を確かめたそうです!
これは、まだ動物実験のレベルですが、人間の場合に換算すると~

 “1日あたり、乾燥のアカモク0.3グラム” を食べ続けることで、効果が期待できるそうです♪~

えっ、そんな少しで実感できるのなら、続けられそうですね!

もうひとつの「ダイエット効果」については、効果を期待する量は

 “1日あたり、10g” の摂取がオススメだそうです♪~

いかがですか?  花粉症には「0.3g」で、ダイエットには「10g」で効果が!
手軽に始められますね~

 

スポンサーリンク


 

最後に

「花粉症にはアカモクが効果あり! 1日量はどのくらい?」と題して述べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

昆布のヌメリの「フコイダン」と、「フコキサンチン」が多く含まれているアカモクって、最高の健康食品といえますね。
それも、0.3g とか、10g で効果が期待できるとは驚きでした。

是非試してみてはいかがでしょう♪~

 

花粉症、アカモクで解消♪~

花粉症にはアカモク! 海藻のなかで最も~

花粉症に効くアカモクの粉末について?

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。