三浦大知と満島ひかり、folder時代の動画!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三浦大知、満島ひかりはfolder時代からの同僚で、今回約1年半ぶりにニューアルバム「HIT」をリリースする。 彼の歌やダンスは動画でも確認できますが、圧巻のパフォーマンスでファンを魅了してきた! 先日三浦大知が、THE PAGEにおいて満島ひかりを“貴重な関係性”と語ったのでしらべてみました~

 

スポンサーリンク


 

三浦大知について

三浦大知(みうら・だいち)さんは、1987年8月24日生まれで沖縄県出身。
身長175cmで血液型はAB型。

日本のエンターテイナーで、ダンス、作詞、作曲、自身の楽曲などにおける振付も行う。
6歳のころ、アニメの戦隊ものや仮面ライダーなどをみて、踊っているのを見た母親に「ダンスが好きなのかな?」と思ってダンススクールに入れてもらったそうです。
又、そのスクールは歌も教えていたらしく、「歌ってみる?」といわれて歌もやるようになったとか・・・

それであの実力! もともとセンスがあったのでしょうね。
やってみる? と、言われてやって誰もが一流にはなれませんからね。

そして、そのダンススクールで結成したのが7人組の小中学生ダンスボーカルユニットが「folder」なんです。

 

スポンサーリンク


 

満島ひかりは、大人の兄妹みたいな関係

三浦大知と満島ひかりは、そんなユニット「folder」のメンバーでしたので、幼馴染であり、タレントとしてはライバルだったんですね。

2016年に、今は女優として活躍している満島ひかりが主演を務めるドラマ「トットてれび」にチャールズ・チャップリン役で出演を果たす。
13~14年ぶりの共演でしたね。
その中で三浦は「すごく新鮮で貴重な経験だった」という。

満島ひかりが演じた黒柳徹子さんがニューヨークから帰ってきて、テレビ界の人になろうと思うきっかけになったのがチャップリン。
それをひかりは自分に置き換えて~
自分が最初にテレビに出た時に誰と出ていたいかと考えたら~

大知しかいないと思い、オファーがかかった。
直接ひかりから『チャップリンをやって』って電話がかかってきたそうです。

なんか、昔からの固い絆があって、連絡を密に取っていなくても、会えばスッと昔の感覚に戻れる感じだという。

・・・・いい関係ですね♪~

 

スポンサーリンク


 

folder時代の動画について

Folder(フォルダ)は、1997年から2000年にかけて活動した小中学生ダンスボーカルユニットである(ライジングプロダクション所属)

沖縄アクターズスクール出身の男女混成による小中学生7名で構成。
グループ名はパソコン用語の「フォルダ」に由来するとか・・・

楽曲のほとんどは小森田実が手がけたもので、アルバム内の一部を除いて楽曲のパートはDAICHIがボーカルで、女子メンバーはバックコーラ

スに徹している。
もう一人の男子メンバーである仲間丈はダンスに特化しており、楽曲ではラップを担当する位であった。

 

メンバー
DAICHI(三浦大地、本名:三浦大知、1987年8月24日 – )
AKINA(本名:宮里明那〔当時〕、1985年6月19日 – )
ARISA(本名:仲間愛里紗、1984年8月21日 – )
HIKARI(本名:満島ひかり〔当時・現在の芸名〕、1985年11月30日 – )
NATSU(本名:阿嘉奈津、1984年8月11日 – )
MOE(本名:石原萌、1986年5月23日 – )
JOE(本名:仲間丈、1985年9月4日 – )

 

動画もたくさん出ているが、代表的なものを紹介します♪~
(最初のシングル  1997年8月1日)

 

スポンサーリンク


 

最後に

「三浦大知と満島ひかり、folder時代の動画」と題して述べてきましたが、いかがでしたでしょうか?

二人は中学生からの付き合いで、ともに切磋琢磨して育った盟友!
その彼女とのルーツはユニット「folder」だった。

「folder」時代の固い絆で結ばれた二人、今後も一流のタレントとしての活動に注目したいですね♪~

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。