三匹のおっさん3のロケ地は、やはりときわ台かな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「三匹のおっさん3」が帰ってきましたね! 2014年の第1昨目から続いている人気シリーズ。かつての悪ガキ三匹が結集した自衛団、ご近所の悪人を斬る!痛快劇です。このドラマのロケ地はどこなんでしょう? 前作の場所など交えてご紹介します。

 

スポンサーリンク


三匹のおっさんとロケ地

もともと第1シリーズの『三匹のおっさん〜正義の味方、見参!!〜』は、テレビ東京開局50周年の特別企画作品であった。

この時のロケ地は、主に東京板橋区の「ときわ台 南口商店街」が使われていた。

そしてキャッストの「キヨ」こと北大路欣也だが、彼は同局の「新春ワイド時代劇」でよく主役を務めて視聴率アップに貢献したこともあり、三匹にも一役かってもらおうと配役した経緯がある。
収録最終日には、テレビ東京の社長自らロケ地現場を訪問し、陣中見舞いののし付き弁当を差し入れするほどの力の入れようだった。

そして第1回目が開始された!・・・視聴率はなんと11.6%~

その後も9%以上を維持し、最終話では12.6%(瞬間最高視聴率が15.1%)、全話の平均視聴率が10.2%となった。
これらの記録は、テレビ東京のテレビドラマ史上初の快挙だった。

また放送中、原作者の有川浩もロケ地の商店街に撮影訪問していたそうです。

 

スポンサーリンク


第1シリーズ、ロケ地での出来事~

『三匹のおっさん』の主なロケ地は東京・板橋区の「ときわ台駅」南口商店街だった。

このロケ地にはいつも北大路欣也などのファンが多く詰めかけていたそうである。

ある日、北大路ファンの女性たちの押し合いの中、一人の高齢女性が転倒してしまった!

その時、北大路さんが『大丈夫ですか?』とすぐに駆け寄って身体を起こしてあげたそうです。
足が不自由だったので何度も『大丈夫ですか?』との声掛けに~

周りの女性たちは “目をキラキラさせ”紳士的だな~ と感じていたそうです。

また、「ノリ」こと志賀廣太郎は、機械に詳しい役そのもので、休憩中のスマホ操作が半端なく早かったとか。

そして、最後のひとり「シゲ」こと泉谷しげるは、あの風貌で目立つはずなのに、ロケ地の商店街に馴染みすぎてどこにいるのかわからな買ったようです。

このように、ロケ地ではいろんな出来事や触れ合いがあるから楽しみですね♪~

スポンサーリンク


板橋区のときわ台ってどんなとこ?

『三匹のおっさん』の第1シリーズのロケ地となっていた板橋区の「ときわ台」ってどんなとこなのか調べてみました。

ときわ台は「昭和の理想が生きる美しい街」
板橋の田園調布といわれ、放射状にわたる道路や並木が印象的な住宅街です。

北口のクラシカルな住宅街と、南口の親しみやすい住宅街・商店街の二つの顔をもっています。

ロケ地に使われた場所はこの南口だ。
駅前には飲食街が~、 小さいけどスナックや飲み屋が集まった小路があり、庶民的な雰囲気があります。

こんな場所であるがゆえに、今回の『三匹のおっさん』の舞台には適していたと思います。

 

三匹のおっさん3のロケ地はどこ?

さて、今回の「みたび~」でのロケ地はどこになるのでしょうか・・・・

まだ試写会もされていないし、公式ホームページも12月20日に立ち上がったばかりですから、情報が少なすぎます。

まずは、1月15日の試写会を待つしかありませんね。

情報が入手でき次第、お知らせしますので今しばらく楽しみにお待ちください♪~

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。