村田諒太 世界ミドル級王座決定?! 「倒して勝つ」~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

村田諒太の世界ミドル級王座決定戦! 今夜いよいよ開始ですね~ 事前の記者会見では「倒して勝つ」ことだけを考えているというコメント! 凄い気合が伝わってきています。 海外のブックメーカーのオッズなども踏まえて王座決定!?なるか・・・について調べてみました。

スポンサーリンク


※速報です!~  先ほど結果がでて、

なんと、村田が1:2の判定で敗れてしまいました♪~

後程、文末に結果記事を追加します~

 

村田諒太の世界ミドル級王座決定戦!~

ロンドン五輪の金メダリスト;村田諒太の世界初挑戦。
プロでデビューした最初の一戦で、東洋太平洋王者の「柴田明雄」を 2回TKOで勝利した村田諒太。

今回 WBA世界ミドル級暫定王者の「アッサン・エンダム」を相手に挑みます。

2017年5月20日に 「ボクシングフェス2017 SUPER DAYS」の1日目で、
フジテレビ(19時~20時54分で生中継(延長対応あり)で放送予定!

村田諒太は、今WBA世界ミドル級2位ですから、今回のタイトルマッチで

「WBA世界ミドル級王座」が決定します!

 

村田選手の入場曲は
映画 「パイレーツ・オブ・カリビアン」の「He’s a Pirate(彼こそが海賊だ)」です♪~

この曲は、高校時代の恩師からプロデビューした時の手紙で~
『これからはプロという航海に出る』という内容をもらったそうで、

その後、村田選手はいつもこの曲で入場しているそうです。

さあ、今夜のタイトルマッチ、どちらに決定するのでしょう・・・・

 

スポンサーリンク


 

世界ミドル級暫定王座 アッサン・エンダムとは?

今世界のボクシング界でも最も注目を浴びている村田諒太、今夜の世界王座決定戦の相手は「アッサン・エンダム」

彼は、元WBO世界ミドル級王者、現WBA暫定王者で、ランク1位の選手です。


http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20170505-OHT1T50033.html

 

アッサン・エンダム、国籍はフランスですが、出身はカメルーンで、
今までに2回オリンピックに出場しており、
年齢33歳で、プロ転向後の戦績は、35勝2敗(21KO)

 

2016年12月17日「WBA世界ミドル級暫定王座挑戦時」の動画です~

相手はその時の暫定王者「アルフォンソ・ブランコ」(ベネズエラ)選手でした。

・・・かなりのハードパンチャーですね♪~

 

スポンサーリンク


 

村田諒太 世界ミドル級王座決定なるか~

今回の世界ミドル級王座決定戦、世界からも注目を集めています。

海外のブックメーカーによる「村田VSエンダム」のオッズでは・・・
ほとんどが、「村田諒太」が有利とみており、なんと村田の勝利に 3倍近くついているそうである♪~

 

元WBA世界暫定Sウエルター級王者の石田順裕(現在、寝屋川石田ボクシングクラブ会長)

によるコメントを紹介しよう。

 

『社交辞令でもなんでもなくて村田が勝つと思います。

確かにエンダムはボクシングが上手いし、倒された後の回復力も驚異的です。
クィン戦もレミュー戦も倒されても何度も起き上がってきました。

それでも村田がパワーで圧倒してプレッシャーをかけると耐えきれないのではないですか。
タフなので一発では終わらないかもしれないですが、
何度かのダウンシーンを村田が演出して、最後はTKOで勝つと予想します』

と・・・

 

しかし、この予想では~
村田がブロックを固めたプレッシャーでエンダムのステップワークを潰して、追い詰めることができた場合である。
ここまでの12戦ではエンダムクラスのスピード、テクニック、パンチ力のいずれかを持ったボクサーと1試合も拳を交えていないことに一抹の不安はあるそうだ。

しかし、村田はロンドン五輪で世界の頂点に立った潜在能力に疑いはない。
大阪弁でいうヤンキー魂(闘争本能)が根底にある強さで王座決定をつかめるか?~

 

スポンサーリンク


 

最後に

いかがですか、村田諒太の「世界ミドル級王座決定戦」

「倒して勝つ」と宣言した背景には、上記予想のような根拠も後押ししていると思います。

日本中が、また世界が注目の世界戦!
決定はどちらのファイターに輝くのか?

お楽しみに♪~
スポンサーリンク


 

試合結果について

村田、プロデビュー13戦目で初黒星となった♪~

アッサン・エンダムに判定負けをした瞬間!
呆然としたとする村田諒太・・・

2012年ロンドン五輪で、ボクシングミドル級金メダリストで、世界ボクシング協会(WBA)同級2位の村田諒太が、
同級1位のアッサン・エンダム選手(33)=フランス=との王座決定戦に臨み、失敗した♪~

ジャッジ3人の採点は111―116、112―115、117―110 で、1:2の判定負け!

「デビュー当初から世界王者の扱いだった」・・・・と、所属ジムの浜田剛史代表!
村田選手は13年8月にプロデビューした時から注目された。

中継テレビ局は村田選手のデビューに合わせて、同年からボクシングの「ゴールデンタイム」放映を21年ぶりに復活させたほど熱の入れようだった。
待ち望んだ今世界戦は、中継局以外のテレビ局も大きく取り上げるなど、異例の態勢だった。

村田選手自身は~
「金メダリストのプレッシャーはかかる」と胸の内を明かしていた・・・

ミドル級の元世界王座(WBA);竹原慎二さん(45)は~
「村田が勝てば、ボクシングにさらに注目が集まる!」と期待を寄せていた。

というのも、ミドル級は日本選手が世界王座に就いた階級では最も重いクラスだからだ。
13戦目の初黒星、これは日本のプロボクシング界にとっても大きな痛手となりそう~

非常に残念でした!
でも村田選手、これで終わりではなく、次を目指してほしいですね♪~

 

 

【関連記事】
村田諒太 世界初挑戦 テレビ放送時間は?見逃さないように!
村田諒太 世界初挑戦で勝利?! エンダムとの一戦について

 

スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。